ホーム企業情報 > ご挨拶

ご挨拶

すべては、お客様のために。
人と技術で繋がる素晴らしいパートナーシップを目指します。

京都の地に、先代が個人創業を始めて今年で50有余年。社名の変更や工場の新設・移転を繰り返しながら成長を遂げ、今日の山豊エンジニアリングは社員50人規模の企業となりました。長きに亘り個人商店であった弊社を組織強化していく過程には、技術力の研鑽だけでなく経営面でも様々な問題がありました。
しかし、それらを解決することができたのは、大切なお客様からの温かいご支援があったからに他なりません。
いつでも感謝の心を忘れず、業務に邁進していく所存です。

さて私たちは2014年2月南区上鳥羽への新社屋立ち上げを筆頭にして、様々な社内編成に取り組んで参りました。
これによりご注文からの受注業務、製造・加工指示、検品・納品に至るまで、ワンストップサービスを実現。
多くのお客様からのニーズに対して、よりきめ細かく対応する新しい山豊エンジニアリングのワークスタイルが確立されました。

複雑かつ精密なフライス加工を行う5軸制御マシニングセンタを業界に先駆けて、いち早く導入。
また、高性能を有する最新鋭のマシンを次々と導入し、今後も取扱製品の幅を広げ、精密機械加工業界の先駆け的企業として最先端の技術にチャレンジして参ります。
そして、各種マシニング24時間対応の工場で生産力を確保。お客様のニーズにお応えして参ります。

企業CIとして制定した赤と青を基調としたロゴマークは、私たちの過去・現在・未来を率直に、そしてストレートに表現しました。
‟技術は愛だ。”のスローガン。これはお客様への愛、社員やその家族への愛、そして失われていく地球環境への愛を持ち続けることへの大切さ。逆に今までそのような愛を頂戴してきたことへの感謝の気持ちが込められています。

これからも‟愛”から生まれる全ての技術を、多くのお客様へ届けたい。この気持ちを忘れず一歩一歩着実に成長し、
お客様との愛をより一層深めることができれば、私たちにとってこれ以上幸せなことはありません。
株式会社 山豊エンジニアリング 代表取締役 作山 重夫


株式会社 山豊エンジニアリング 代表取締役 作山 重夫